任意整理の特徴とメリット

任意整理とは、裁判所を通さずに債務者と債権者で話し合いを行って借金の返済を決める方法です。個人で交渉を行うとなると不利な条件をのまされてしまうことがありますので、多くの人は弁護士や司法書士に依頼して手続きを代行してもらいます。払い過ぎた利息があって過払い金請求を行う場合でも、直接の話し合いなら任意整理に含まれます。

 

任意整理のメリットとして真っ先に挙げられるのが、手続きを始めるとすぐに金融会社からの取り立てがストップして平穏な生活を取り戻すことができるという点です。返済が滞ると金融会社からの激しい催促にあって精神的なバランスを崩してしまう人も少なくありませんので、取り立てが止むというのは見逃せないポイントです。

 

また、弁護士などの専門家に依頼すればその後の手続きは全て任せることができますので、債務者が直接金融会社をやり取りすることが無くなるというのもメリットになります。依頼した後は利用している金融会社に対して弁護士が代行する旨の書類が送られますので、債務者に電話がかかってきたり家に押しかけられることも無くなります。

 

返済額に関してもメリットがあり、お金を払い過ぎていれば過払い金の返還請求が行えますし、それを残金に充てることで返済額が大幅にカットされて支払が楽になりますので、厳しい借金生活から抜け出すチャンスにもなり得る方法です。万が一払い過ぎていたお金が借金の残額よりも大きければ、支払うべき債務が無くなって更にお金が戻ってくるということもあります。

 

依頼する場合には借金に強い弁護士を探し、無料相談でどのような方向性になるのかを一度確認してみることが大切です。自分で手続きをするよりも有利な条件になることが多いようです。

任意整理で借金を減らすメリットとは

任意整理は債務整理の中で最も選ばれている方法で、債権者の同意を得やすいメリットがあります。原則として裁判所を通さずに整理するので、費用もそれほどかかりません。整理したい債権者を限定することも可能なので、あと少しで完済できるローン、連帯保証人が設定されているローンなどを除外できます。自己破産や個人再生だと全債務が整理の対象になり、これには個人間の借金も含まれてしまいます。つまり親族や友人から借入したお金も整理する必要があるわけです。任意整理だと整理したいローンだけを依頼できるので、債務者・債権者の双方にとってメリットがある方法と言えるでしょう。

 

任意整理の特徴は利息を減らせることで、厳密には借金自体は変わりません。例えば100万円の借入をした場合は、100万円の部分についてはすべて返済していく必要があります。カットできるのは利息の部分であり、将来的に30万円の利息が発生すると仮定した場合、この30万円の返済が免除されます。キャッシングなどの高金利ローンだと、借入額の2倍の利息が発生するケースも少なくありません。借入・返済を繰り返してしまう方は、多額の利息を支払うことになります。

 

弁護士に任意整理の手続きを依頼すると、すぐに取立てが止まるでしょう。遅くても数日中には止まるので、電話にビクビクすることがなくなります。整理後の債務は分割で支払いをしますが、返済期間は3年間になるのが普通です。3年はちょっと厳しいという方は、最長で5年間まで延ばしてもらえる可能性があります。ただし漠然と延ばすよりも、3年で返済すると決めておいたほうが返済はスムーズに進むものです。自分に甘えることなく、収支のバランスを最適化して返済金を増やしていきましょう。

任意整理は借金を任意で整理する方法

借金をする時は自分の力で返済できる範囲で借入れをし、無理のない返済計画を立てることが基本です。しかし返済途中でどうしても返済が厳しくなってしまうことは決して珍しくありません。そこで借金問題の解決方法として債務整理が有ります。これを利用すれば借金の減額免除が出来るようになる方法の事で、任意整理はその中の一つです。

 

任意整理の大きな特徴は、整理する債務を選ぶことができる点です。実際に債務には連帯保証人が必要となる物も有りますが、この場合、債務整理を行うとその返済義務が連帯保証人に移ってしまいます。任意整理は整理する債務を選ぶ事が出来るので、連帯保証人がいる物は債務整理の対象から除外する事も可能です。これなら連帯保証人に迷惑を掛ける事は有りません。

 

また債務整理の中には裁判所を通さなければならない物も有りますが、任意整理は裁判所を通す必要はなく、直接債権者と交渉して借金の減額をお願いする事も出来ます。だから、手続きが完了するまでの時間も短くて済むと言うメリットも有ります。ただ素人が債務整理を行おうとする場合、そもそも債権者が話し合いに応じてくれないと言う事もあります。任意整理の場合は交渉に応じるかどうかは相手次第で、絶対に交渉に応じなければならないと決められているわけではないからです。

 

従って、任意整理を行う場合も、基本的には弁護士や司法書士等の法律のプロに依頼する事が少なくありません。法律のプロに依頼することによって、依頼した時点で借金の取り立てがストップするだけでなく、債権者も交渉に応じてくれ易くなると言うメリットも有ります。また長期的に借金を返済している場合は過払い金が発生している可能性もありますが、同時に過払い金請求も行ってもらう事が出来ます。

お役立ちサイト

  • 過払い金 請求

    過払い金請求の方法や注意点、費用、無料相談を利用して手続きをした人の体験談など。

  •  

  • 任意整理で借金を減額する

    借金を減額する任意整理の手続き内容やメリット、デメリット、法律事務所の探し方など。