任意整理のメリットと具体的な手続き

多重債務者の救済措置である債務整理には、任意整理のほかに個人再生、自己破産の3種類がありますが、任意整理は比較的借入額が少なく、債務者に返済能力があると認められた場合には非常に有効な制度となります。

 

具体的な方法としては、借入を開始した時期に遡って利息制限法の上限金利である15〜20%の金利で総借入額の再計算を行い、現時点での元本を算出します。その上で、これからの金利は原則ゼロとして、再計算を行った元本のみを3年程度の期間で返済する方法になります。もちろん、債務者が勝手に任意整理を適用できるものではなく、債権者との和解の上で決まるものですから、弁護士や司法書士などが債権者と交渉にあたることになります。

 

債権者からすれば元本が再計算によって減額された上、今後の利息も入ってこないので、ベストな方法ではありませんが、自己破産などで債権が回収できなくなるよりは、少しでも元本が返ってきた方が損害が少ないことから任意整理の申し出に応じることが多いのが実態です。

 

しかしながら、任意整理の途中で返済が滞っては元も子もありませんから、綿密な再生計画の提出が必要となります。よって、債務者は弁護士もしくは司法書士の指導の下、真に返済可能な再生計画を作成する必要があり、もちろん、確実に返済することが重要です。

 

任意整理は個々の債権者との契約によって成り立つものですから、裁判所を経る必要がありませんので官報などに掲載されることもありませんから、誰にも知られることなく借金を返済することが可能です。ただし、各債権者と和解して任意整理にするには、確実に返済できるかが大きなポイントとなりますから、借金の総額が少ないうちに弁護士もしくは司法書士に相談して手続きを開始することが大切です。