任意整理とは何なのか

任意整理とは債務整理の一種で債務整理には任意整理の他に個人再生と自己破産があります。自己破産は一般の人でも認知しているもので、全ての債務を放棄する代わりに自身の財産も放棄するもので裁判所を通して行う必要があります。それに対して任意整理は債務整理の中でも最も状況が軽い場合に行われる債務の整理で裁判所を通すことなく返済額の減額が行えます。

 

簡単に説明をすると債務者が債権者と直接交渉して返済額の減額や金利を下げてもらう方法で、裁判所を通さなくても行えるので個人で行うことも可能です。ただ、実際は債務者の方が立場が弱いので交渉しても上手くいかないことが多く、弁護士や司法書士に交渉を依頼するのが一般的です。

 

特に高金利の消費者金融から借金している場合には、利息制限法による引き直し計算を行ったり、過去に払い過ぎている利息を元本を基に充当して返済額を減らすことをしていきます。加えて、利息制限法引き直し計算による減額後は将来の利息をカットして返済を行う交渉や、過払い金や親族の援助によって一括で返済するので返済額を減らしてほしいなどの交渉も行っていきます。ちなみに将来の利息カットに関しては大抵は成立するが、一括返済による減額は必ずしも成立する訳ではありません。

 

この減額によって弁護士や司法書士を雇うよりも金銭的に有利になることも多いので、借金が返済できないのに弁護士などを雇うのに費用を使うなんてと考える必要はありません。ただし、デメリットもあります。一度任意整理をすると今後5年間は借り入れができなくなったり、自己破産のように借金を帳消しにするのではないので、任意整理後も借金の返済はする必要があります。また、近年は任意整理に応じない業者も増えているので、これらの点は注意が必要です。