任意整理と過払い金請求

任意整理は、債務者が借金を返済できなかったきに行う債務整理の一つになります。例えば債務者が消費者金融からお金を借りた場合、毎月決まった期日に決まった額だけ返済していくことになります。順調に返済することができれば最終的に完済になり、それ以上請求されることはありません。ですが、返済できない場合には債務整理を行う必要がありますが、それほど債務額の負担が多くない場合には任意整理を行うべきです。

 

任意整理と過払い金請求の関係ですが、過払い金請求はすべて借金を完済した場合とまだ返済中の場合で対応が異なります。過払い金請求の中でもすべて借金を返済している状態で請求する場合には何ら問題はありませんが、まだ返済中の場合に過払い金請求をしてしまうと任意整理の扱いになってしまいます。

 

この場合には、その消費者金融からお金を借りることは金輪際できませんので注意が必要です。一方で、ほかの消費者金融から借りることができなくないわけではありませんが、お金を借りる場合には一定の期間が経過しなければなりません。およそ5年間ほどの期間を経過しなければならず、結果的にそのあいだお金を借りることができるでしょう。逆にお金を貸してくれるようなところがあれば、レアケースだと考えて間違いありません。

 

その場合には、債務額に対する利息が高い可能性がありますので注意しましょう。適法に行っているところならば問題ありませんが、そうでなければ違法の可能性も考えられます。例えば、法律できめられている金額よりも多くの利息を支払わなければならないような場合です。

 

このようなこともありますので、事前にその業者が適法かどうかを確認しておくことが大事になります。